育毛剤の副作用

育毛剤を使用するにあたって、注意したいのが副作用です。現在販売されている育毛剤には、ほとんど副作用がなく、安全に使用する事ができるようになっていますが、体質によっては頭皮がかぶれてしまったり、炎症を起こしたり、かゆみや赤みを引き起こす事もありうると言います。

また、米国食品医薬品局によって、発毛効果があると認められた医薬品のミノキシジルやフィナステリドの場合には、頭痛やめまい、性欲減退などの副作用が現れる事もあるとしていますが、こうした副作用が起こる事はそれほど多くはなく、また、重篤な症状となる事も極めて稀だと言われています。このように、育毛剤や発毛剤の使用によって起こる副作用は、実際にはそれほど多いものではなく、特に、市場に出回っている育毛剤に関しては、ほとんど副作用はないものと言っても過言ではなく、用法・用量をきちんと守って使えば、安全でとても頼もしい存在となってくれるのです。

また、この他に特に注意しなければならないのが、複数の育毛剤の併用です。高い効果を求めるあまり、数種類の育毛剤を併用するといった使い方をする人がいるようです。実は、育毛剤ごとの副作用は確認されなくても、いくつかの種類のものを併用した場合、配合されている成分によっては副作用が起こらないとは言い切れないのです。

例えば、数種類の育毛剤を併用した結果、抜け毛や薄毛といった症状が悪化したとしたら、それがどの育毛剤によるものだと判断すれば良いのでしょう?いずれの育毛剤メーカーに問い合わせたとしても、原因はどちらの育毛剤とも言い切れなくなってしまうのです。つまり、違う種類の育毛剤を混ぜて使う事に問題があるという事なのです。育毛剤一つ一つでは何の問題もなかったのに併用すれば問題が出てくると言った事は、育毛剤に限らなくとも起こりうる事なのです。

しかし例外もあります。育毛剤ではなく発毛剤になりますが、フィナステリドとミノキシジルは、併用する事でより高い効果が得られるという現実があります。この2種類は、それぞれの成分の働きが異なっており、ミノキシジルは血管拡張作用を、フィナステリドは5αリダクターゼの働きの抑制を主な役割としているため、併用しても干渉しあう事はないのです。このように、きちんと検証されたものを併用する事には問題がありませんが、そうでない場合には、副作用のない育毛剤であっても、できるだけ避けたほうが安全と言えます。

※注目!人気育毛剤ランキングTOP3

  商品名 料金 内容量 送料 詳細
長春毛精 2週間
お試し価格
500円
15ml 送料無料 詳細
バナー原稿 468×60 (121030)imp
M-1ミスト 9,800円 200ml 無料 詳細
薬用ポリピュア 7,800円 120ml 無料(定期コースの場合) 詳細
バナー原稿 468×60 (110401)imp


▲このページの上部へ

© 2015 育毛剤効果口コミランキング
[その他の女性用育毛剤] 妊婦 産後抜け毛 子供 生え際 若ハゲ(壮年性脱毛症) 高校生 円形脱毛症 M字ハゲ もみあげ 前頭部 びまん性脱毛症 宮迫
岩尾 カンニング竹山 水道橋博士 アロエ 副作用 医薬品 医薬部外品 無添加 馬油 男性ホルモン抑制