医薬品の育毛剤

多くの育毛剤は、医薬部外品として分類されています。しかし中には、医薬品として分類されている、非常に効果が高く、その効果が医学的に証明されているものも存在しています。こうした医薬品の育毛剤には、例えばカロヤンやハツモールといった、第2類・第3類医薬品などがあります。

また、米国食品医薬品局において発毛効果を認められている医薬品の、ミノキシジルやフィナステリドは、育毛剤というよりも発毛剤といった分類になり、これは第1類医薬品となっています。つまり、ミノキシジルやフィナステリドが主成分となっている発毛剤は、医師の処方箋がなければならなかったり、薬剤師がいる薬局でしか入手する事ができないのです。こうした医薬品の育毛剤や発毛促進剤などは、通常の市販されている育毛剤と比べて、非常に高い、確実な効果が期待できるため、注目を集めています。

ただ、その高い効果の反面、副作用が出やすいという欠点もあり、使用には特に注意が必要となっているのです。また、第2類および第3類医薬品は、薬剤師がいなくても購入する事ができ、通販でも扱われているほど手軽で、このように気軽に入手する事ができるとして人気を集めているのですが、場合によっては、第2類および第3類医薬品である育毛剤や発毛促進剤でも、販売してもらえない事もあるようです。

具体的には、新規の顧客であった場合があげられます。医薬品の通販に関する法整備がなされた事もあり、継続使用の場合のみ、通販で購入できるといった事も起こっているようで、これから始めようという場合には購入できないと言った事もあります。いずれにしても、医薬品として扱われている育毛剤や発毛剤は、医薬部外品とされるものよりも、高い効果・確実な効果を持っている事が明らかであり、薄毛・抜け毛に深刻な悩みを持った人たちから、救世主的な存在として支持されている事は間違いありません。

ただし、医薬品ですので、例えば病気などによって薬を常時飲んでいるような場合や、通院している場合などには、事前に医師や薬剤師に相談したほうが安全かもしれません。頭皮につけるだけだから・・・と軽く考える事は、後で取り返しのつかない事態を生んでしまいます。医薬品の育毛剤や発毛剤では、高い効果を得る代わりに、そうした細かい配慮や確認を怠らないよう、注意しなくてはならないのです。そうした点さえ守って使えば、何の心配もなく安全に、髪の悩みも解消できるのです。

※注目!人気育毛剤ランキングTOP3

  商品名 料金 内容量 送料 詳細
長春毛精 2週間
お試し価格
500円
15ml 送料無料 詳細
バナー原稿 468×60 (121030)imp
M-1ミスト 9,800円 200ml 無料 詳細
薬用ポリピュア 7,800円 120ml 無料(定期コースの場合) 詳細
バナー原稿 468×60 (110401)imp


▲このページの上部へ

© 2015 育毛剤効果口コミランキング
[その他の女性用育毛剤] 妊婦 産後抜け毛 子供 生え際 若ハゲ(壮年性脱毛症) 高校生 円形脱毛症 M字ハゲ もみあげ 前頭部 びまん性脱毛症 宮迫
岩尾 カンニング竹山 水道橋博士 アロエ 副作用 医薬品 医薬部外品 無添加 馬油 男性ホルモン抑制