若ハゲ(壮年性脱毛症)の育毛剤

壮年性脱毛症は、いわゆる「若ハゲ」と呼ばれる脱毛症の事で、基本的には遺伝的要素によって引き起こされる脱毛症であると言われています。この壮年性脱毛症が遺伝的要素で引き起こされているのだとしたら、一般的な育毛剤では、回復させる事は非常に困難を極め、また、長期間の対策を必要とする可能性が高くなります。あるいは、場合によっては、どんな対策をとっても回復しないといった可能性すらあるのです。

しかし、この壮年性脱毛症を回復させる事が可能な方法が、全くないというわけではないのです。一般的な育毛剤では困難を極めますが、医薬品である育毛剤や発毛剤を使えば、頭髪を回復させる事も可能となるのです。例えば、フィナステリドやミノキシジルを主成分とした発毛剤がそれです。具体的には、フィナステリドを主成分としている発毛剤には、プロペシアやフィンペシアがあります。また、ミノキシジルを主成分とした発毛剤には、ミノキシジルタブレットやロゲイン、ザンドロックスなどがあります。

いずれも主成分はフィナステリドとミノキシジルなのですが、製造したメーカーなどによって名称が異なっているだけと考えても良いかもしれません。フィナステリドを主成分としたプロペシアとフィンペシアは、飲むタイプの発毛剤です。プロペシアは医師の処方箋を必要としますが、フィンペシアは通販などで購入する事ができます。また、ミノキシジルを主成分とした発毛剤では、ミノキシジルタブレットが飲むタイプで、ロゲインとザンドロックスは塗るタイプとなっています。

いずれの発毛剤も、その主成分は米国食品医薬品局において、発毛効果が認められている成分ですので、その効果はお墨付きと言えるのです。また、これらの医薬品である発毛剤であれば、通常は回復が難しいとされる遺伝性の壮年性脱毛症に、大きな効果が期待できるのです。

ただし、これらの医薬品である発毛剤は、種類によっては年齢制限がありますので、使用には注意が必要です。例えばプロペシアなどは、成人していなければ使う事ができませんし、しかも男性のみと限定されています。他の医薬品である発毛剤はジェネリック医薬品であったりするため、比較的簡単に手に入れる事ができますが、年齢や性別に関する諸注意を確認して利用しなければ、取り返しのつかない事になってしまう可能性があるのです。高い効果の反面、使用には数々の注意も必要となるのが、これらの発毛剤のようです。

※注目!人気育毛剤ランキングTOP3

  商品名 料金 内容量 送料 詳細
長春毛精 2週間
お試し価格
500円
15ml 送料無料 詳細
バナー原稿 468×60 (121030)imp
M-1ミスト 9,800円 200ml 無料 詳細
薬用ポリピュア 7,800円 120ml 無料(定期コースの場合) 詳細
バナー原稿 468×60 (110401)imp


▲このページの上部へ

© 2015 育毛剤効果口コミランキング
[その他の女性用育毛剤] 妊婦 産後抜け毛 子供 生え際 若ハゲ(壮年性脱毛症) 高校生 円形脱毛症 M字ハゲ もみあげ 前頭部 びまん性脱毛症 宮迫
岩尾 カンニング竹山 水道橋博士 アロエ 副作用 医薬品 医薬部外品 無添加 馬油 男性ホルモン抑制